【只今の時間】
メールでのご相談となります

制度名:生活困窮者自立支援制度

就職活動を支えるために
家賃の費用を一定の期間に給付する制度です。

事業名:生活困窮者住居確保給付金

  1. ①支援内容
    2年以内の離職・廃業の方へ

    経済的に困窮し、住居を失ってしまった方や、住居を失うおそれのある方に対して、求職活動等を条件に、家賃費用を一定期間給付する制度があります。
    支給期間 原則3か月
    求職活動等を誠実に行っている場合は3か月延長可能(最長9か月まで)、9か月の支給が終了した方に対しては令和3年11月末までの間、3か月間の再支給があります。
    支給額 家賃額(ただし生活保護の住宅扶助特別基準額が上限、人数によって異なります。)
  2. ②利用要件
    支給要件 収入要件:世帯収入合計額が①と②の合計額を超えないこと
          ①市町村民税均等割が非課税となる収入額1/12
          ②家賃額(住宅扶助特別基準額が上限)
         資産要件:世帯の預貯金の合計額が、うえの①の6月分を超えないこと(ただし100万円を超えない額)
         求職活動等要件:ハローワークに求職の申込をし、誠実かつ熱心に求職活動を行うこと
  3. ③実施機関
    (相談・申込先)

    福祉事務所設置自治体 (自立相談支援機関)

  4. ④制度の詳細
    (リンク先)
    制度のリンクはこちら
  5. ⑤その他特記事項

制度相談・受付窓口【������������】